サンタさんへの手紙ー中学英語も学びましょう♪

お子さん宛に外国から手紙が届いたら嬉しいですよね?!それがサンタさんからの手紙だとさらに嬉しいですよね~♪実は去年、試しにカナダのサンタさんへ手紙を出したところ、クリスマス前に返事をもらえたので今年はレッスンで手紙を書いてもらうことにしました!

ちなみに、カナダのサンタさんの住所は

TO:SANTA CLAUS
NORTH POLE H0H 0H0
CANADA

住所の中の、”H0H 0H0″は、サンタさんの「ホーホーホー」という笑い方が住所に入っているんです。かわいいですよね!自宅宛てに届けてほしい場合は、自分の名前と住所を封筒に書いて投函する必要があります。

(例)〒9999-9999 〇〇〇県△△市◇◇町111111111番地
N English Clubの場合

From:N English Club
111111111 ◇◇ Town
△△ City
〇〇〇 9999-9999, Japan

という風に住所は、番地から書き始めます。あとは封筒の目立つところにAIR MAILと書いていただければ完璧です♡今のところ、110円切手さえ貼れば日本からカナダに届き、そしてカナダから自宅まで返事を届けてもらえます!

私は、手紙のフォーマットを海外のブログからダウンロードしています。その手紙の中に、

This year, I have been very naughty / nice.

naughty / nice のどちらかにチェックをつけるところがあるのですが、このnaughtyという単語は、「言うことを聞かない、やんちゃな」という意味があり、今の中学1年生の教科書New Horizonにも出てくるのですよ~!!手紙を書いたみんなは、小学生のうちに自然と覚えていけますね♪naughtyにチェックしたら、どうなるのでしょうね~?基本的にサンタさんはいい子のところに来ると言われていますが、、、💦

※手紙の到着が遅れる場合もあるようです。クリスマスが過ぎてお正月になってしまう場合もあるそうなのですが、必ず返事を書くと妖精さんががんばってくれるそうですので気長に待ってみましょう♪(今回は、こちらのサイトを参考にさせていただきました。)